スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AndroidStudioでAndroid用アプリを作成する

2017.03.14.Tue.00:02
久しぶりにプログラミングのお話です
色々あってクソアプリを生産していくことになったので、Android用にアプリ制作を進めて行こうと思っています

さて、まずどんな環境でアプリを作っていけばいいのか、ということを業務中に調べていたんですが、どうやら今はGoogleの提供する「AndroidStudio」というソフトでアプリを作るのが主流のようです

以前はEclipseにAndroidの開発環境がサポートされていたんですが、AndroidStudioが出てきたことによりEclipseのサポートは現在は打ち切られたようです


とりあえず環境構築から始めないといけないので、JDKとかAndroid Studioのインストールを実施中です(重いのでダウンロードで既にかなり時間がかかっている)


というわけでダウンロードが遅くて全く環境構築が進んでなくて、今日のところはなんもできてないわけなんですが、今後「クソアプリ」を作るにあたって「こんなクソアプリが欲しいな」というものがあったら教えて下さい

Javaはちょっと触っていたこともありますが、Androidのアプリを作ること自体は初めてなので、完璧と言えるアプリをリリースする事はハナから諦めています
恐らく「メ○ド○ンワリオのプチゲーム」的な、ボタン押すだけ~みたいな役に立たないふざけまくったアプリを作ろうかなと思ってるので、クソゲー大好きな人が居たらデバッグとかしていただけたらなと思っています
(面白いバグなら残したいのでバグ見つけたら報告をよろしくお願いします)

ちなみに現状ではタッチして唐揚げを揚げるゲームを作ろうかなと考えています
揚げるだけで、他の機能は特に考えていません
追加されるかもしれないし、そのままの可能性も大いにあります
気分で開発を投げて別のクソアプリを作るかもしれませんが、面白かったら機能追加するかもしれません

今のところはそんな感じですが、一緒にアプリ作ってみたい!という人は是非一緒にクソアプリを作ってみましょう

スポンサーサイト

Vine用のシーケンス設定(PremiereProCS6)

2015.11.03.Tue.22:22
今までVineを投稿する時はスマホで撮ってやってましたが、スマホ自体の容量食ったり、撮影中に手がぶれたりしてめんどくさいところがありました

主に上げてるのはスマブラの動画なので、いちいちスマホで撮らなくても編集で何とかしたいなーとは思ってたので、「VineClient」をとりあえず使ってみることに
Kurotwiもそうですが、普段からChrome使ってると優秀なアプリが併用できるっていうこともあるので、最近は個人的にブラウザならChromeが強いかなーとは思ってます

ブラウザ宗教談話はともかく、とりあえずVineの動画を編集しようということです
御存じの通り、Vineはアスペクト比が1:1という特殊な環境なので、通常の4:3、16:9のアス比環境だとどうしてもそのまま上げるだけーとはならないかと思います

とりあえずHDサイズの720pの動画(1280*720)を上げてみました



VineClientのアップロード画面には、「Keep Video Aspect Ratio(動画のアスペクト比を保持する)」と書いてあるチェックボックスがありますが、これにチェックを入れない場合、16:9の動画でも強制的に1:1のサイズになってしまいます

見れないことはないけど見づらいですね


次にチェックを入れて同じ動画を上げてみます


今度は画面上下に黒帯ができ、本来のアス比で表示されるようになりました

また、16:9、4:3の動画を、720*720で書き出した際も上記と同じ黒帯ができている状態になるかと思います
しかし、個人的には黒帯無しでアップにした映像を撮りたかったのでPremiereProのシーケンスをいじることにしました

PremiereProで書き出す際は、下記画像の赤枠内のサイズを変更することで「出力する」動画の大きさを決めることが出来ます
Vine01

しかし、目的としているのは「正方形の画面いっぱいいっぱいに動画を映す」ということなので、出力時にサイズ変更をしても黒帯ができるのに変わりはありません

PremiereProを最初に起動した時にシーケンスのプリセットが表示されますが、もちろん1:1のVine用のものは用意されていないのでカスタムで作成しました

Vine02

Vineに上げる動画に細かい編集は必要ないかもしれませんが、念のためタイムベースを60FPSに設定しました
ゲーム関連の動画は(スマブラが主なのもあって)基本的に60FPSで録画するようにしているため、素材の段階では60FPSで保存できています
ワザFの調べものとかする際は設定しておくとよいかと思います
(動画を出力する際は全ての動画を60FPSで出力していると容量の都合もあって厳しいので半分程度に落としています)


シーケンスの設定を1:1のアス比に設定することで、編集時にVineに上げるアス比そのままになるので、表示する画面もこんな感じになります
Vine03

また、画面全体を映したいとき、タイムライン上の台るを右クリックして「フレームサイズに合わせる」を選択することで、下記のように画面サイズを小さくしてすることも可能です
文字を付けて解説したいときにも利用できますね

Vine04

※画像のルキナトルネードスマッシュの原理は、
『「ダッシュ」を「反転ダッシュでキャンセル」を繰り返して「ダッシュキャンセル横スマ」』なので、正確には『ダッシュ反転ダッシュキャンセルダッシュキャンセル横スマ』とかになりそうですが、流石に長ったらしすぎて逆にわかりづらくなるのでそれっぽく書きました

PCからVine動画を上げられるだけでかなり出来ること増えたので、今後もためになるネタ動画を上げていきたいですね

ひかり電話を解約して機材を返却したら各種機器がインターネットに接続できない問題

2015.09.13.Sun.05:07
自分メモ用

以前はVH-100[4]E[S]とRT-500MIという機器がNTTから渡されていて、

1:VH-100[4]E[S]からRT-500MIという機器にLANを接続
2:RT-500MIからPC、WiiU、バッファローの無線機(WHR-300)等各種機器にLANケーブルで接続


といった形を取って、ネットワークに接続できていました
今回ひかり電話を解約したので、RT-300MIをNTTへ返却することになりました

LANケーブルを差すポートが足りないのでハブを買って差しとけば繋がるだろうみたいな安直な考えを持ってましたが、この状況だと繋がりませんでした

VH-100[4]E[S]と一緒の箱に入ったディスクを起動して、接続IDなりをポチポチしていけばPCは繋がりました

しかし、どうしたものか無線LAN親機やWiiU等は繋がらなくなり、ネットワークに詳しくないのであれこれ困ってました
色々調べて分かったことを書いていくと

■以前の環境
・VH-100自体はルータ機能が無いため、RT-500MIに接続して、RT-500MIからLANケーブルを配線していた
・RT-500MIを噛ませていることによってWiiU等の機械も有線で接続ができていた

■今の環境
・RT-500MIがなくなったため、今までの設定で全ての機材がインターネットに接続できなくなった

状況としてはこのような形のようです

VH-100というものはVDSLモデムということで、ルータ機能が無いようです
VDSLモデムは電話回線を用いて通信するもので、ネットワーク接続するにはPPPoE接続を行うか、ルータ等を通しての接続が必要になるとのこと

PPPoE接続は認証を行う必要があり、ルータを介さずとも扱えます
今回配布されていたCDからポンポンと設定をすることで接続できるようになったのは認証できたのでPPPoE接続ができたからということみたいで

PCが接続できるなら大丈夫だろうとハブ使って接続できるポート増やせばWiiUも有線で繋がるだろう、と思っていましたがここにも穴がありました

それは
WiiUがPPPoE接続に対応していない


2XGth.jpg


悲しいですがこのままでは接続できないようです

有線接続するにはやはりルータが必要とのことで、ルータ噛ませてWiiUに接続、という形を取らなければダメそうです
PPPoEについては詳しくないのでよくわかりませんが、PS3でもIP取得ができないとかで弾かれたところを見ると、ハブ使って接続させても1台までしか認証できないのか(PCは接続できている)、そもそも別なところに問題があるのか

どちらにせよWiiUをオンライン状態に出来ないので、このままだとシルバーウィークオフでスマブラ配信ができない問題が発生してしまいまして

とりあえず土曜日までにルータを購入して接続テスト等を行う必要がありそうです


参考書とか買いまして

2015.05.17.Sun.05:49
業務でも今後使う事になると思うので、JAVAの参考書とか買いました

大学で基本的なところは学んだとは言え、実際に一人でイチからプログラムできるのかと言うとそういうわけでもないので、どうせならしっかり覚えていきたいなと
また趣味の方でアプリ的なの作りたいなと言う場合にも、持ってて損はないのでとりあえず買ってみたという感じです

JAVA以外にもHTML5、CSS3、Javascriptの本も適当に買ってみたので、Webサイト作る知識も確保していきたいなとは思っています(本だけ買って読まないというのは避けたい)


こう見てみると情報系の大学卒業したのに全体的に知識足りないな、もっと勉強しておけばよかったなとも思ってますが、ほとんど映像編集してたからあれはあれでよかったのかな、とも

とりあえず業務ですぐ使うのでJAVAだけでも家ですぐ出来るように環境整えて慣れておきますかねー

第01回 映像編集講座

2015.04.06.Mon.17:01
01.はじめに

 以前サークル(情報技術研究部)で映像編集講座を担当していたクロマキ(キバヤシ)です。
映像編集に関しては自分が入学した当初サークルでは取り組んでいませんでしたが、大学側からサークルに、1年生向けの紹介動画を制作するように依頼され、今後も映像編集のスキルは必要であると考えられるので講座を行うことにしました。
自分が卒業して編集を教える講師役の人がいなくなるため、このブログにメモとして残しておこうと思います。
独学でやっている部分が多いので、「この操作はこうした方がいいのでは?」という事もあるかと思いますが、あくまでも参考に、ということでご活用ください。



続きを読む "第01回 映像編集講座"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。