スマブラにおける「守破離」

2015.12.23.Wed.23:32
ツイッターで見かけるスマブラ初心者に見られるのが、

『空ダ練習します!』『リフコンできるようになる!』

という技量がいるテクニックをとりあえず最初に練習するというものですが、
そういう方に特に『守破離』の考えについて知ってもらいたいと思い文字に書き起こしてみることにしました

守破離とは

守破離(しゅはり)は、日本での茶道、武道、芸術等における師弟関係のあり方の一つ。日本において左記の文化が発展、進化してきた創造的な過程のベースとなっている思想でもある。個人のスキル(作業遂行能力)を3段階のレベルで表している。(Wikipedia -守破離)



この言葉は千利休の

「規矩(きく)作法
 守りつくして 破るとも
 離るるとても 本(もと)を忘れるな」


という句から来ています

「守破離」をわかりやすくするために自分が得意な唐揚げを使って説明すると、


クックパッド等のレシピを見ながら唐揚げを作ることができる
(基本となる行動を教えられながら行う状態)


レシピを見ずに唐揚げを作ることが出来る
ピリ辛唐揚げ、油淋鶏などアレンジを加えたものを作ることができる
(基本をマスターし、アレンジを加えることができる)


唐揚げから派生してオリジナルの料理を作ることができる
(自ら新たな領域を開拓することができる)


こんな感じでしょうか

スマブラで喩えるなら以下のようになるかと思われます。


システムの仕様を理解し、キャラクターの基本的な動かし方を会得する状態


自分の立ち回りにテクニックを取り入れたり、
理解したシステムでどのように動いていくか考えて行動している状態


「守」「破」の考えを理解し、周りの要因にも影響されず行動できる状態

『守』ができてこその『破』、そして『離』をマスターしていくという流れになっており、基本からマスターしていくことが普通です
しかし、スマブラのゲームシステムを理解せずに、当てるのが難しいテクニックをマスターしようという人を良く見ます
もちろんそれらのやり方等を知っておくことも一つの手として重要ですが、一番最初に練習するのは俗にいう「小難しいテクニック」や「即死コンボ」や「Vineコンボ」ではないと思っています

SNSの発達からYouTubeやニコニコの配信、Vine等の動画から誰でも色んな情報を見聞きできるようになりました
色んな動画を見て、「これを決めたい!」と思うような動画も見るかと思います

技量の問題もありますが、『色んな要素が積み重なって初めて成立している』というものがほとんどです

・パッと見は簡単そうだけど、調整するのに技術が必要なもの
・実は見てから対応できるから繋がっているとは言えないもの
・当てれば強いが使いどころが難しいもの
・操作がかなり難しく、失敗すると致命的な隙を晒してしまうもの
  などなど

色々ありますが、コンボ等は特に見てすぐ練習するのではなく本当にそれが使えるのかということを見極める力を身に着けてほしいと思います
特にどの状態から入るのか(始動ワザ、確定%、位置関係)というのは重要で、練習ならできていたけど実戦でやろうとしてもうまくできないなんてこともあります

下記のVineを例にしてみましょう


NBでシールドを割り、そのまま撃墜しており、一見強いように見えます
しかしこれは偶然決まったもので、実戦で同じように狙っていいものではありません

理由としては
・事前にシールドを削っていないとNBを当てても割れない
・シールドを削った後すぐにNBを刺さないと割れない
・相手が走って接近しながらシールドを張るクセを利用している
・発生が遅いため、NBを溜めているのを見てから回避行動を取れる
・ルキナ側はNBで割れなかった際は隙が大きく、反撃される可能性が高いため振りづらい(リスクが高い)

簡単そうに見える動画でも、色んな要素が絡み合っています
動画から『こんなことができる』ということはわかっても、それを実践で真似ようとすると上手く出来ないのは当然とも言えます

これに限らず、難しい連携やコンボは、基本的な立ち回りがうまく理解できていないと無意味に振って逆に反確を取られてしまったり不利状況になることもあります


また、ベクトル反転(空ダ)や立ちキャン(TANIステ)なども、「使ってる人が多いし、とりあえず練習しよう!」っていう人が多いように思いますが、基本的な立ち回りをある程度把握した上で覚えたほうがいいでしょう

覚えても『どこで使えば効果的かわからないからとりあえずここで使っておこう』という思考になりがちですし、キャラによってはそもそも使う場面が無いかもしれません


基本がある程度理解でき、自分の立ち回りもなんとなく固まってきたところで、『ここであの行動を取り入れれば、立ち回りとしては良くなる!』と思った時に覚える方が効果的に扱えるのではと個人的には思っています


話を守破離に戻しますと、

テクニックやコンボは『守』が出来ていない時期に無理に覚える必要はありません
テクニックの仕様等を知っておくに越したことはありませんが、基本を疎かにして「上手いプレイヤー」になったとしても「強いプレイヤー」になれるとは限りません

スマブラに限らず、『守』から『破』の段階へ移行するのは根気と努力がいります
1回1回の試合で、思考と試行を重ねながら地道に対戦していくことが地力を上げることに繋がっていきます

また、最初に述べた千利休の句にもあるように、『破』『離』の状態だったとしても『守』を疎かにしてはいけません
あくまでも『破』『離』は『守』があってこそのものです
もし伸び悩むような時期が来たら、一度基本に戻ってみるのもいいかと思います


長くなりましたが、読み飛ばした人のために最後にまとめると

基本を忘れるな

ということです

スマブラは始めてすぐ成果が出せるものではありません
地道に経験を積んでいきましょう

スポンサーサイト

ICHIGEKI 一撃(OUT OF REACH)感想

2015.12.20.Sun.16:35
スティーヴン・セガール主演

ICHIGEKI 一撃
原題:OUT OF REACH



■今回のセガール
役名:ウィリアム・ランシング
職業:野生動物の保護機関(政府機関の元エージェント)

■あらすじ
人との交流を絶ち、カナダの山奥で野生生物の保護を行っているウィリアム。
孤児院の孤児支援プログラムで知り合ったポーランドの少女との文通が社会とのたった一つの繋がりだった。
その少女に国際的な人身売買の魔の手が伸び、男は戦う覚悟を決める。



以下ネタバレ含む
続きを読む "ICHIGEKI 一撃(OUT OF REACH)感想"

WiiU終点化ステージ検証

2015.12.20.Sun.13:06
WiiUステージを終点化した際のカベジャンプ、カベ張りつきについて調べました
Ver1.1.3から変化した部分もあるので、変更が分かり次第更新していきます

ステージ検証 -Google docs

基本的に
・斜面はカベジャンプはできても、カベ張りつきはできない
・キャラが2DになるとZ軸が消える

という点がポイントになるのではないかと

終点化ステージはおそらく「上下左右の広さも終点と同じになる」と思われるので台の形状などで好きなステージを決めてもらえるといいかと思います

伝説のメモ

2015.12.11.Fri.02:59
中学の時、言動が面白すぎて今もなお当時生徒だった人の間で語られている担任が居たのだが

その時にメモっていた紙が出てきて、読んでみたら懐かし面白かったのでとりあえずメモとして残しておきます

迷言・発言集
・手足を引っ張って身長を伸ばそうとしたことはある
・浦島太郎が「浦島 太郎」だと初めて知りました(「浦島」「太郎」ではなく「浦」「島太郎」だと思っていた模様)
・(授業中かなり噛んでしまい)昨日のエビチリが悪かったかな……
・自転車の二人乗げ
・夜間同士の外出
・赤血球が割れた
・けつとけつが話をしているのかな?
・(ジェンガを見て)ジェシカかな?
・ナチョラルヘア
・あいさつはいいです(授業開始、終了の挨拶を短縮)
・えーい、席つけ、席。(授業が始まっていても席についていない生徒に対して)
・昔、私の教え子に秦健太郎っていましてね、新研究に似てませんか?
・ゴキブリの顔は可愛いよ
・毎日がルーティーンだね
・川の無い内陸国(読み間違い 正→海の無い内陸国)

伝説
・帰りの学活中、教室の外から他クラスの生徒に呼ばれ、日直の目の前を「ホッ!ホッ!」と掛け声を上げながらうさぎ跳びで移動(おそらく司会をしている日直の迷惑にならないように、低い姿勢で移動しようと考えた彼なりの行動だったのだと思われる)
・掃除で雑巾がけをし、ドアに頭をぶつける
・44歳で足を骨折するが、松葉杖を生徒に貸す(その後片足で生徒を追いかける)
・中三最初で最後の遠足で発熱して休む(かわいそうなので写真を拡大印刷して遠足に連れて行った)
・生徒よりも人の話を聞いておらず、体育大会用のテントの片づけの際デマを流す(「この台向こうに運ぶぞ!」「え、いや持ってく方向逆でしょ」「…そうなん?」)
・今日は短縮授業であるというデマを流す
・最近太ったという理由で給食を牛乳しか飲まず、病欠する
・年齢を隠している先生(アウストラロピテクス先生/マザーテレサ先生)の歳を、年齢を隠していると知りつつも暴露する
・海に潜りすぎて鼓膜がやられた
・幼稚園の時、花の色を実際の色と違う色で塗り、色盲の疑いをかけられた
・小学生の時、授業を抜け出してテレビを見ていた
・中学生の時、告白されて一方的にフラれた
・10歳下の人と付き合っていたことがある
・かなり多くの人と付き合ったが全てフラれた
・英語の授業を使ってパイレーツオブカリビアンの映画鑑賞会を始め、キリの悪いところで授業を終える
・かぼちゃプリン作ってくるとデマを流す
・英語教師なのだが授業があまりにも(学業以外の面で)面白すぎるため、学年全体の英語の苦手意識を高めてしまい、多くの人の成績を落としてしまう
・卒業式で嫁さんに絶対やめなさいと言われたのにもかかわらず別れの歌と称してWINDING ROADを歌う(なお歌というよりは叫びであり、歌詞がわからず途中でカンペを見て詰まりまくる)


思い返すと確かに不可解な言動が多かったが、大人になってみても全く分からない発言ばかりで彼を超えることは到底できないなと改めて実感
世の中色んな人がいますが、(学業の面は置いといて)この人には出会っておいてよかったなと心から思います

踏みつけない踏みつけジャンプ

2015.12.08.Tue.21:53


普通に対戦していてよく起こる事象だと思いますが、どういう状態で起こるのかわからない人も多いかと思うので記載
ワザを振った後は「踏みつけモーション」が発生しないようで、踏みつけた後のジャンプだけが発生します

よって踏みつけずに踏みつけジャンプを行うことができるのですが、空中ジャンプも消費せず、突然高くジャンプするため原理を知らないと「????」となりそうです

Vineでも触れていますが、ワザの全体F以降にも「踏みつけずにジャンプできる猶予」があるようで、動画ではルキナの空上(全体45F)を振り終わった後に踏みつけずに踏みつけジャンプができています
動画では空後の全体Fが終わった後10F(?)ぐらいに踏みつけジャンプをしていますが、踏みつけジャンプとなる正確な猶予がワザの全体Fの何Fまでなのか、その辺は調べていないのでわかりません


これを意図的に有効利用しよう!という場面は思いつきませんが、踏まれる側としてはワザを振っておけば「踏み」にならないということを知っているだけでも何かの役に立つかもしれません

クロマキ宅忘年会オフ

2015.12.06.Sun.11:10
Twitterにて伝達はしておりましたが、12月11日(金)~13日(日)にクロマキ宅忘年会オフを開催します

■オフ概要
・日時:12月11日~13日
12月11日(13時スタート~)
12月12日(24時間)
12月13日(日付変わる前には終了)
・最寄:神奈川県小田急相模原駅
・環境:WiiU*2(GCコンタップ*2)、GC*1、Wii*1
DX(初期版/修正版/完全版各1)、Project M(3.02、3.6)、forWiiU(DL版、ディスク版)
BenQ 1/ブラウン管 1/液晶 1
・キャパ:最大12人ぐらい
・宿泊:11,12日は宿泊可、13日は不可
宿泊は詰めれば7,8人ぐらいまで可能かと思われます
・食事:鍋、唐揚げ等やるのでお金を徴収します(1000円)
・持参物:各種コントローラ、食事代、宿泊時は着替え等
・配信:クロマキチャンネル http://www.twitch.tv/chromakey_bullet
・備考:オフ初めての方でも気軽にお越しください
スマブラしなくて対戦を見るだけ、他のゲームをやる、置いてる漫画を読む等でも構いません
参加する場合は連絡を取る際Twitter経由で連絡を取ります。あらかじめTwitterにてオフ参加の旨をお伝えください
・注意事項:近隣住民の迷惑になるような大声、機材や室内の破壊等は今後のオフ参加をお断りする場合があります
最低限のマナーを守って楽しいオフ会にしましょう
・参加者:下記の通り
クロマキ宅オフ情報(Google スプレッドシート)

質問等があればブログのコメント欄、またはTwitterなどで連絡をお願いいたします