スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマブラオフについて

2016.01.27.Wed.19:20
スマブラオフに参加するのが初めて、と言う方も多いので注意事項等についておさらい

基本的な宅オフの流れ

1. Twitter等でオフの募集を発見する
※オフ初めての場合は念のため初めてであることを伝えておきましょう

2. 家主に連絡して承諾を取る(時間・場所・持参物など確認)
※急な不参加の連絡は早めにしておきましょう

3. 当日最寄駅等で待ち合わせ(当日はTwitter等で連絡を取る)
※最寄駅到着時間を事前に伝えておくといいです。電車遅延等で遅れる、遅れそうな場合は早めに連絡しましょう

4. 移動してオフへ
※1 基本的にオフでの食事は先に済ませるか、持参していくといいでしょう
※2 飲み物は持参しましょう。密封できるペットボトル等が良いです
※3 クロマキ宅オフでは唐揚げを作ることが多いため料金を徴収する場合が多いです

5. 携帯の充電やシャワーなどの利用は必ず許可を取る
※勝手に使われると、貸す側としてもあまりいい気持ちにはなりません。利用する際は一言声をかけましょう

6. 帰宅時はごみを持ち帰る
※当たり前のことですが、守れていない人が多いです。オフに限らず大会でも心がけましょう


持って行くもの
・自分が使うコントローラ(自分のものだという目印をつけましょう)
・携帯(連絡用)
・適度なお金
・飲み物(ふたができるペットボトル等)
・食べ物(なるべく食べこぼしなどで汚さないもの)
・スマブラノート(メモ用。対戦している時に気になったところをメモ。家に帰って考察)
・着替え(宿泊用)
・タオル(シャワーを借りる際に使用)

差し入れをする場合は、ゲームをする都合上「手を汚さないもの」を推奨します


最後に
宅オフは、家主が家を貸してくれることで初めて成立します
対戦中、過度に大声を出したりすると、近隣住民からの苦情により今後オフが開催できなくなる可能性もあります
また、暴言や誹謗中傷で他の参加者の空気を悪くするようであれば、途中退場も考えられますので、親しくても発言には気を付けて楽しい宅オフにしましょう
スポンサーサイト

町田辺りでスマブラ大会を開きたい人の話

2016.01.17.Sun.01:27
先日からツイートしているのでご存知の方もいるかもしれませんが、
簡潔に言うとスマブラの大会開きたいな

特にスマ4なんですが、需要は多いのに関東でデカい大会と言えば「ウメブラ」ぐらいしか思いつかなくて(他の大会あったらごめんなさい)、募集が殺到、受け付け開始から10分経たずに一般締め切り
と言うのが多発しています

『スマブラの大会には興味ちょっとあったけど、大会に参加するの初めてだから迷ってたら既に埋まっていた』
という方もいるのではないでしょうか

スマ界隈はプレイヤーが楽しんでこそのものだと思っているので、ウメブラの様な大会の場にはできるだけ多くの人が参加してほしいと思っています


そこでパッと思いついたのが、『スマブラ大会を開くか』

という浅い発想
しかし多分これが真理、無ければ作ればよいのではないかと


現在ウメブラの会場が位置する最寄は京急蒲田
自分も同じ関東圏内とは言え会場に行くだけでも時間がかかってしまうし、少なからず抵抗感はある
路線が全く別の方向に延びている人たちからすると乗り換え乗り換えで気軽に参加できるとは言い難い

自分が開くとなるとやはり家の近くがいい
そこで近くで開けないかと考えたところ、候補に挙がったのが横浜県東京都町田市である

横浜線と小田急線を繋いでおり、通勤通学で利用している人も多くいるのではないかと

そして聞いたことはないだろうか、町田の109の6~8階は公民館となっており、施設の貸し出しを行っているのだそうだ

町田市生涯学習センター
http://www.city.machida.tokyo.jp/bunka/bunka_geijutsu/cul/chuokominkan/cul07.html


うおおおおおおおおおおおおおおこれは行けるんじゃね???????



早速こうこうこういう内容で施設使えないかと話を聞きに行こうと思ったのだが、あいにく休日出勤を挟んでしまい、自身の圧倒的成長に繋がるも会場に直接アポは取っていない現状である

会場をスマブラみたいな騒ぐイベントで使っていいのか否か、施設によって拒否する対象は異なってくるのでそこは早めに確認を取っておきたいところである

仮にそこに拒否されて取れなくても、近場で会場を探す予定ではありますが、第一候補としては「こんなこと考えてます」という企画段階の話でした


アンケートも念のため取ってみたけど興味持ってくれる人は多いようなので、何かしら形になるようにしたいとは思っております




会場がまあここでいいや、みたいな流れになったら、じゃあ次は機材のこととかスタッフのこととか色々あるとは思うけど、それは追々考えていきます
折角スマブラ界隈が盛り上がっているということもあるので色々挑戦してみようとは以前より思っています

そんな感じで進展があればちょこちょこ書いていこうと思います

幻影異聞録#FE レアエネミーを倒しまくる

2016.01.13.Wed.23:30
ネタバレを含むので追記に記載します

なお内容としては3章後半です


続きを読む "幻影異聞録#FE レアエネミーを倒しまくる"

#FE 操作とかシステムのメモ

2016.01.11.Mon.19:17
■マップ(ダンジョン以外)
・右スティックで画面シフト操作が可能
ジュエリーカラビア等ショップでも周囲を見渡せる

■ダンジョン
・Bボタン 瞬時に画面がプレイヤーの背後に回る
後ろを向いてBを押すと方向転換しやすいので、後ろに逃げたいとき、前方確認をしやすい
ワイルドエネミーから逃げるときなどに使用

・LRボタン カメラ視点を左右にシフトさせる
スティックを倒さず方向転換できる

■エネミーシンボル
・プレイヤーを発見した時の動きは直進型(移動が速い)、追尾型、フェイント型、逃げ型
ワイルドエネミーは直進型が多いのでとりあえず横に逃げてみると回避しやすいかも
・階段や移動する床までは追いかけてこないため、緊急に逃げる手段として階段などが近くにあると便利
・レアエネミーは出現する場所が限られており、特定の箇所に張り付いてリベラマ(まもりのスキル)を使うとよい
弥代のスキル「リベラオン」はワイルドエネミーの出現率も上げてしまうため注意が必要

■カルネージユニティ
・武器は+1装備にすると新しいスキルが一つ追加されるため一通り確認しておくとよい

■スキル
・必須スキル
命中回避上昇スキル、火力上昇スキル(マスタリ系スキル)、行動順優先スキルは戦闘に大きく影響するため必須

・マハ系(全体攻撃)スキル
同じ弱点持ちが同時に出てくる場合が多いため便利。ただし中盤以降は反射吸収持ちの敵も出てくるため注意
今作は攻撃を反射されると万能属性でなく攻撃した属性で攻撃が返ってくるため、無効や吸収を付けておくと反射持ちの相手がいても反撃を受けない

・特効系スキル
アーマーキラー、ドラゴンキラーなど、特定の敵に対して特効ダメージを与えるスキル
セッションは繋がるようになるが、普通の敵の耐性にも影響されるため単発ではあまり大きなダメージにはならない事が多い
所持できるスキルが少なく弱点を突きづらく、スキル枠が空く序盤はあっても良いが、中盤以降はほぼ不要

・補助系(カジャ・ンダ系)スキル
能力アップ系ダウン系のスキルは全て一人に任せるのではなくバラバラに覚えさせておきたい
スキル枠を考えて適度に埋めておく

・状態異常防御系スキル
基本的にはアイテムで代用できるため不要
状態異常で厄介なのが封印で、回復役が封印されてしまうと治癒スキルを持っていても発動できなくなる
主にボス戦で封印されることが多いため、ボスによっては封印防御を持っていないと不利になる場合もある

・霊性・肉体・万能属性スキル
高火力で回復したり特殊なスキルが多いが、火力を重視するのであればセッションができないため総合的に火力が取れるかと言えば微妙なところ
状態異常系スキルは当たらないことも多く、耐性を持っている敵も多いため無理に覚える必要はない

■戦闘
・基本的にセッションを狙う
・セッションコンボ2以降から素材やお金を奪うことができるため、特定の敵の素材が欲しい場合は一番最後に倒すと良い
・セッションを狙えない場合、無理に殴りに行くのではなく、カジャンダ系で能力アップダウンをかける、ガードで耐える、回復補助に回る、交代してセッションを狙う方が良い。アドリブパフォーマンス狙いで運にかけるのもアリ

幻影異聞録#FEプレイレコード(ハード終了時)

2016.01.10.Sun.02:26
一周目ハード終わった後のプレイレコード

以下ネタバレあり

続きを読む "幻影異聞録#FEプレイレコード(ハード終了時)"

幻影異聞録♯FE 1週目(ハード)感想

2016.01.10.Sun.01:03

#FE


1週(ハード)終わってルナティックに入っていますが、1週目の感想を

1章辺りまでの序盤は、FEが絡んだアトラス版プリキュアという印象でしたが

内容がとても濃く、ファイアーエムブレムと女神転生シリーズ両方のファンが楽しめるような内容だったと思います
「あ!これFEの○○にいたやつだ!」とか「メガテンのあのシーンのキャラだ!」とか、アトラス定番の小ネタを多く見つけられたのではないでしょうか

メガテンをやっていない方には馴染みがないかもしれませんが、
アトラスは毎度毎度色んな手法でプレイヤーを殺しに来ます



序盤のダンジョンで火炎魔法持ちの敵が多いのに最初に作れる装備が火弱点というトラップがあったり、即死魔法グサグサ刺さったり、唐突に所持金を巻き上げられたり

今作は難易度としては従来のアトラスからするとかなり初心者に優しい仕様になっており、初めてアトラス作品を遊ぶという方にも入りやすいのではないかと思っています
真Ⅳで敵を避けるのがめんどくさすぎてプレイヤーからも多く不満が上がっていましたが、その点も改善してマップ上で動きやすくなっていたり、過去作からの改善にもなっていたので、今後真4Fの発売がますます楽しみになりました

またアトラスの要素としてはあちこちにアトラスでよく見るキャラが居たり、戦闘では行動順がデビサバっぽかったり、セッションは弱点から派生する辺りデビルCOOPっぽかったり、ワイルドエネミー等は世界樹からだったり色んなところからアトラスのゲームを取り入れているいて、知っているとニヤリ…!となるような印象でした
ヒーホーマート

ジュエリーカラビア

FEに関しては各種SE、マスタープルフでの上位ユニットへのクラスチェンジ、武器の錬成、闘技場、シナリオ内外問わずボス戦でのFEキャラの登場など含まれており、元のゲームがRPGでないのにかかわらずFEらしい要素をちりばめるように取り入れていました
チキ

クラスチェンジ

1週目の感想としては「なんだこの神ゲーは」という感じです

自分がメガテンもFEも好きだから倍楽しめているというのもありますが、内容を知らずとも十分楽しめる内容なのではないかと思っています

難易度としては(セーブを忘れて2時間以上巻き戻ることは多々あったとはいえ)、先に述べたとおりアトラスの枠として見れば簡単すぎるぐらいでした
ただハードがちょうどいい死に頻度の加減だったので、バランスの調整はうまくされており流石いつものアトラスという感じです

内容も最初は不安でしたがかなり楽しめたので、今後FEの他の作品からミラージュを出して次回作も展開してくれないかなあと思いました

レビューと言うよりも宣伝みたいになってしまいましたが
皆さん興味があったら一度やってみてはどうでしょう(突然のダイレクトマーケティング)

明けましておめでとうございます

2016.01.01.Fri.22:50
明けましておめでとうございます
あけおめでございます

去年の年末はいろいろあって、ブログを更新しようという想いで満ち溢れていたのにもかかわらず更新する機会を逃していました(主に#FEのせい)

今年もグダグダな感じで更新頻度も気ままにやっていく予定ではありますが、どうぞよろしくお願い致します

今年は年賀はがきは買っていないのでブログにて年賀状を貼らせていただきます
2016年賀状

メガテンの干支年賀状を作成しました
悪魔名のところだけを消して再利用すれば毎年使える優れものです
ご自由にご活用ください

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。