冬と言えば鍋

2016.12.09.Fri.00:00
こんばんは、最近毎日鍋を食べているクロマキです

最近は関東も朝夕かなり冷え込むようになり、エアコンの暖房の空気があまり好きでない自分にとっては、身体を温める手段として鍋を作り始める季節となりました

今年は台風の影響でキャベツや白菜などの値段が高騰し、鍋を行うに当たりかなり大打撃を食らうかというところでしたが、先週から今月に入って値段がだいぶ落ち着いてきたことを確認しました

流石に1/4カットで200円超えた状態だと白菜を買うのも躊躇うもので、前回の宅オフでは鍋の代わりにシチュー(業務用)を作って暖を取りました
根菜と鶏肉があればそれなりのシチューになるので今後もお世話になろうかなと思います


まあシチューじゃなくて鍋の話なんですけども


1人暮らしの自分にとって何か料理をするとなるとどうしても自分の好きな料理(唐揚げ/餃子/ピザ/チャーシュー/他ビールのつまみになるもの)に偏ってしまうため、鍋を食べることで美味しく簡単に大量に野菜成分を補給でき栄養バランスを調整できます(多分)

昨年の忘年会オフの際、もつ鍋を作りましたが、やはりもつ鍋と言えば博多
大学を福岡で過ごしてきた身としては宅飲みでもつ鍋も結構やった記憶があります

関東に出てきて1年目のとき、同期と一緒に入った居酒屋でもつ鍋頼んだらスープがただ塩辛いだけでカルチャーショックを感じて以来店でもつ鍋は食べてないんだけどそもそももつ鍋を出すような店に入らないから出会わないという
その店のもつ鍋がただ微妙だっただけなのだと自分に言い聞かせながら過ごしています


家でもつ鍋を作るという方は、まずもつを鍋に入れる前に軽く茹でましょう
生姜にんにく等を一緒に入れておくと、くさみが取れて食べやすくなるかと思います

味付けは醤油か味噌がベースになることが多いですが、どちらにするかは〆の炭水化物を何にするか、または他の具材との相性で決めると良いでしょう


もつ鍋に欠かせないものと言えばニンニク

唐揚げでもにんにくを大量に使いますが、鍋のにんにくはやはりおろしではなく粒で行きたいですね
基本的にもつ鍋のにんにくは輪切りにして入ってることも多いですが、個人的にはやはり粒のままのにんにくが大好きです
煮込んでトロットロになったのが好きなんですが、煮込みまくると溶けて消滅してしまうので気をつけましょう


唐揚げとか餃子とかニンニクを使う料理は年中食べてるので年間ニンニク(おろし含む)消費量は約4~5キロぐらいでしょうか
もちろん唐揚げに大量に使ってるので一人で全部喰ってるわけではないですが


あと鍋全般に欠かせないのが白菜

今年は値上がりの影響でやや購入を渋りつつなところがありますが、鍋に使えば一気に1玉消費できてしまうのでとても罪な野菜ですね
時間を無限に持て余していた学生の頃は豚肉と白菜でミルフィーユ的なものを作ってましたが、作るのが面倒なので脳筋で鍋にぶち込むことが増えました

味の素を水に溶かして底の深い容器に入れ、豚肉と白菜を入れてレンジでチン、これだけで何か蒸した感じのそれっぽいのができるので一人暮らしの人はやってみるといいかもしれません


春から一人暮らしという方も多いと思いますが、料理は一人で作れてアド損のないスキルなので、できるだけいろんな料理を作ってみることをお勧めします
自分も最初は炒めものばかりでしたが、次第に色んな調理法に興味を持てれば料理も買い物も楽しくなるのではと思います



まあ鍋は適当にぶち込んでも美味しくなるけどな!!!

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する