伝説のメモ

2015.12.11.Fri.02:59
中学の時、言動が面白すぎて今もなお当時生徒だった人の間で語られている担任が居たのだが

その時にメモっていた紙が出てきて、読んでみたら懐かし面白かったのでとりあえずメモとして残しておきます

迷言・発言集
・手足を引っ張って身長を伸ばそうとしたことはある
・浦島太郎が「浦島 太郎」だと初めて知りました(「浦島」「太郎」ではなく「浦」「島太郎」だと思っていた模様)
・(授業中かなり噛んでしまい)昨日のエビチリが悪かったかな……
・自転車の二人乗げ
・夜間同士の外出
・赤血球が割れた
・けつとけつが話をしているのかな?
・(ジェンガを見て)ジェシカかな?
・ナチョラルヘア
・あいさつはいいです(授業開始、終了の挨拶を短縮)
・えーい、席つけ、席。(授業が始まっていても席についていない生徒に対して)
・昔、私の教え子に秦健太郎っていましてね、新研究に似てませんか?
・ゴキブリの顔は可愛いよ
・毎日がルーティーンだね
・川の無い内陸国(読み間違い 正→海の無い内陸国)

伝説
・帰りの学活中、教室の外から他クラスの生徒に呼ばれ、日直の目の前を「ホッ!ホッ!」と掛け声を上げながらうさぎ跳びで移動(おそらく司会をしている日直の迷惑にならないように、低い姿勢で移動しようと考えた彼なりの行動だったのだと思われる)
・掃除で雑巾がけをし、ドアに頭をぶつける
・44歳で足を骨折するが、松葉杖を生徒に貸す(その後片足で生徒を追いかける)
・中三最初で最後の遠足で発熱して休む(かわいそうなので写真を拡大印刷して遠足に連れて行った)
・生徒よりも人の話を聞いておらず、体育大会用のテントの片づけの際デマを流す(「この台向こうに運ぶぞ!」「え、いや持ってく方向逆でしょ」「…そうなん?」)
・今日は短縮授業であるというデマを流す
・最近太ったという理由で給食を牛乳しか飲まず、病欠する
・年齢を隠している先生(アウストラロピテクス先生/マザーテレサ先生)の歳を、年齢を隠していると知りつつも暴露する
・海に潜りすぎて鼓膜がやられた
・幼稚園の時、花の色を実際の色と違う色で塗り、色盲の疑いをかけられた
・小学生の時、授業を抜け出してテレビを見ていた
・中学生の時、告白されて一方的にフラれた
・10歳下の人と付き合っていたことがある
・かなり多くの人と付き合ったが全てフラれた
・英語の授業を使ってパイレーツオブカリビアンの映画鑑賞会を始め、キリの悪いところで授業を終える
・かぼちゃプリン作ってくるとデマを流す
・英語教師なのだが授業があまりにも(学業以外の面で)面白すぎるため、学年全体の英語の苦手意識を高めてしまい、多くの人の成績を落としてしまう
・卒業式で嫁さんに絶対やめなさいと言われたのにもかかわらず別れの歌と称してWINDING ROADを歌う(なお歌というよりは叫びであり、歌詞がわからず途中でカンペを見て詰まりまくる)


思い返すと確かに不可解な言動が多かったが、大人になってみても全く分からない発言ばかりで彼を超えることは到底できないなと改めて実感
世の中色んな人がいますが、(学業の面は置いといて)この人には出会っておいてよかったなと心から思います

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する